Canban

スクラムが楽しくなる タスク管理ツール

Canban(キャンバン)はエンジニア・デザイナー等の開発者向けのタスク管理ツールです。
Canban式スクラムでカジュアルに、楽しく開発を進められます。

Canbanの利用イメージ

スクラム開発とは

スクラムは、アジャイル開発のフレームワークの一つで、チームでのソフトウェア開発に適用されます。スクラムは、短い開発サイクル(スプリント)を繰り返し、顧客のニーズに対応するために継続的にアジャストメントを行うことで、高品質なソフトウェアを迅速に提供することを目指しています。

30日間無料でCanbanをお試し

スクラム開発の比較

通常のスクラム開発

Canban式スクラム開発

チーム編成

通常のスクラム開発

プロダクトオーナー

プロジェクトのビジネスニーズを理解し、それに基づいてプロダクトバックログを管理する役割。

スクラムマスター

チームがスクラムフレームワークを適切に適用できるようにサポートします。

開発チーム

プロダクトバックログからのタスクを実装します

Canban式スクラム開発

プロダクトオーナー

プロジェクトのビジネスニーズを理解し、それに基づいてプロダクトバックログを管理する役割。

開発チーム・スクラムマスター

通常のスクラム開発ではスクラムマスターはスクラムチームのリーダーとしてトレーニングが必要ですが、Canban式スプリントに従えば誰でもスクラムマスターになることができます。

スプリント期間

通常のスクラム開発

2-4週間

スクラムでは、スプリントという短い開発サイクルを使用し、スプリントごとに可能な限り小さな機能を配信します。

Canban式スクラム開発

1週間

Canban式スプリントでは通常よりも更に短い期間をでスプリント周期を定めます。そうすることでストーリーポイント(工数)の見積もりの精度を高めることができます。また、スプリント期間を短く設定することで継続的に速くリリースができます。
1週間を推奨していますが、オプションでスプリント周期を2週間にすることも設定可能です。

会議の種類

通常のスクラム開発

スプリントプランニング

スプリントの期間中に実現したい目標を明確にするために行われ、スプリントの期間中に実現可能なタスクを決定し、スプリントの期間中にどのようにタスクを達成するかを決定します。

デイリースクラム

デイリースクラムは通常15分程度の短いミーティングで昨日、今日、明日のタスクについて説明します。

スプリント・レトロスペクティブ

スプリント・レトロスペクティブはスプリント中に行ったことを振り返り、次のスプリントでの改善点を見つけるために行われます。

スプリントレビュー

スプリント・レビューでは、開発チームがスプリント中に達成したタスクや成果を紹介し、プロダクトバックログに記載された要件を満たしているかどうかを確認します。

Canban式スクラム開発

スプリント会議

スプリントプランニング、スプリントレビューをスプリント会議で行います。スプリント会議は1時間ほどかかります。

デイリースクラム

Canbanを見ながらやったこと、これからやることなどの進捗状況を確認します。デイリースクラムは15分ほどかかります。

ストーリーポイント

通常のスクラム開発

フィボナッチ数列を使用

ストーリーポイントは、通常、フィボナッチ数列(1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, ...)を使用します。
ストーリーポイントは、スプリントプランニングやスプリント・レトロスペクティブなどのミーティングで使用され、開発チームがスプリント中に達成できるタスクを決定するために使用されます。また、スプリント・レビューで達成したタスクの数を表すためにも使用されます。

Canban式スクラム開発

フィボナッチ数列を使用(最大8まで)

Canban式スクラムではフィボナッチ数列を更に8まで(1,2,3,5,8)に限定します。8を超えそうなタスクは更に細かいタスクに分解します。小さい単位でタスクを登録することによって、より達成感を感じることができたり、進捗管理がしやすくなります。
また、Canban式スクラムでは1ストーリーポイント=1時間と定めています。そうすることで計算の手間を省きます。

Canban式スクラム開発が
優れている理由

見積もりや計画の正確さ

Canban式スクラム開発ではスプリント期間を1週間と通常よりも短い期間にすることでストーリーポイント(工数)の見積もりの精度を上げています。また、ストーリーポイントにはフィボナッチ数列を使用し、更に8まで(1,2,3,5,8)に限定することで進捗を管理しやすくなります。

要件の変更や予期せぬ問題への柔軟さ

一連の工程を短期間で繰り返す開発サイクルにすることで、要件の変更や予期せぬ問題に対応することできます。

開発スピードの迅速さ

通常のスクラム開発では、スクラムマスターのトレーニングの時間や、スプリント・レトロスペクティブなどのミーティングの時間がかかってしまいます。Canbanでは誰でもスクラムマスターができ、ミーティングも最小限に留めて時間を有効的に活用することで開発へ注力することができます。また、1週間と短いスプリント周期にすることでリリースが継続的に頻繁にでき、製品の改善に繋がります。

タスクを達成することへの楽しさ

Canbanではアクティビティー量やスプリントの目標の達成度などを可視化し、タスクを達成することの楽しさを感じていただけるように設計されています。

Accuracy(正確さ)、Flexibility(柔軟さ)、Speedy(迅速さ)、Enjoyably(楽しさ)

30日間無料でCanbanをお試し

従来のタスク管理ツールの悩み

機能過多過ぎてツールを使いこなせない…

メンバーが増えてきて費用がかかる

チームのスクラムの進め方が合っているか不安

複雑な操作性で学習コストがかかる…

どれぐらい工数がかかるのか一覧で把握できない

やる気が起きないのでタスクが遅れがちになる…

Canbanが解決します!

最小限の機能しか備えられていないシンプル設計で開発に集中可能。

1ユーザー100円/月なので、他社の大手サービスと比較して月々約1,000円お得

Canban式スプリントで簡単に誰でもスクラムマスターになれる。

わかりやすい操作性なのでオンボーディング(新人研修)コストが抑えられる。

一覧でストーリーポイント(工数見積)が把握可能

毎日の頑張りがひと目でわかって楽しく開発できる。

料金プラン

毎月90%もお得!※1

100

/1ユーザー当たり /月額料金(税別)

30日間無料でCanbanをお試しいただけます。 ※1: 他社の大手タスク管理ツールと比較した場合、30人の開発チームなら約30,000円のところ、Canbanなら3,000円(税別)で90%お得。

30日間無料でCanbanをお試し

事前申し込み受付フォーム

会社名を入力してください
部署名を入力してください
お名前を入力してください
メールアドレスを正しく入力してください
電話番号を入力してください